読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダーランド

完全週休3日がいいです。

好きなことだけ。そろそろ恋活始めます。

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<6>【NO MORE PAIИ】

過去分はこちらから

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<1>【Best of KAT-TUN】

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<2>【Cartoon KAT-TUN Ⅱ You Disc1】

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<3>【Cartoon KAT-TUN Ⅱ You Disc2】

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<4>【KAT-TUN III -QUEEN OF PIRATES-】

中丸担の偏見によるKAT-TUNアルバムレビュー<5>【Break the Records-by you & for you-】

 

 

やっほ!このシリーズは久しぶりだね!!!!!!!このデリケートな時期にあえて昔のアルバム聞くって言うのかなりきつかったりするんだけどやる!やりきる!むしろ今だからこそ書く!!!!
タイトルの「NO MORE PAIN」にうるせぇ!バカ野郎!!!!!!って怒鳴り散らしたくなるけどやりきる!!!
そんな熱いテンションでお送りしております。これを引っ提げたツアーがかなり好きです。

 

前作から、約1年2か月ぶりのアルバム。
レコーディングには赤西仁は参加していないが、「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」
「THE D-MOTION」はシングル音源を収録しているため、赤西を含めた6人で歌われている。
                                 Wikipediaより

 


1:N.M.P. (NO MORE PAIN)
オーケストラをつかってだいぶ壮大に仕上げてきたよ!!!おかめちゃんのエフェクト部分も注目。
KAT-TUNがやりたい世界観を詰め込んだようなアルバムの1曲目としてはなんかすごいの始まった…!と思わせられると思う一曲。
何より注目したいのはPVの中丸くん。帝王感MAXで最高です。黒髪です。美味しいです。ありがとうございます。

 

 

2:Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜
おかめちゃんのドラマ「ヤマトナデシコ七変化」の主題歌。
赤西参加のラストシングルで、5人、4人となるたびに歌割が変わってるのでそれもこうなったら楽しむ一つのポイントでしょう。
赤西抜けてコーラス?部分が中丸くんになったんだけど声の「色気」はやっぱり赤西には及ばない。*1でも中丸君らしい繊細さも捨てがたいので聞き比べてもらうのも良いなと思う。
6人バージョン以外は音源化はされていないのでぜひライブDVDをお買い求めください!!!(がっつり宣伝)

 

 

3:FARAWAY
今一番、私がKAT-TUNを想って泣いちゃう一曲。
どうしようもない虚無感がなくなったときにこの曲はレビューし直します。

 

 

4:THE D-MOTION
なんで僕だけ紅ほっぺーーーーーーーーーー!!!!!!
デコトモのCMソング。中丸くんの低音パートがおいしいです。サビのボックスダンスが妙にチープで可愛い。
これも歌割、歌詞を変えて歌っている曲なのでそこも楽しみましょう。今度はどんな風に変わっていくのかなぁ。

 

 

5:RIGHT NOW
ライナーーーーーーーーーーーーウ!!!(絶対やると思った)
中丸くんの名人芸ボイパから始まるこの一曲!
俺マリオネット君マリオネットとかちょいちょい???となる歌詞も魅力ですね、えぇ。
曲の構成としていろいろな要素を詰め込んでいるのにとっ散らかってないというか、まとまりが良いのでDモからこの流れは最高である。

 

 

6:ROCKIN' ALL NITE

なんだかとってもポップな曲。今までの曲順からくると一気にアイドル的パーティーチューンに変わるのでちょっとびっくりした。ライブを意識して収録した曲とのことで底抜けに明るい感じ、我を忘れて楽しもうぜ!って煽ってくれる楽しい曲。

おかめちゃんが\(´∀')ノわーいわーいってやってるイメージ(笑)

 

 

7:Going!

なんかKAT-TUN急に変わったな?どうした?って言われた曲。

5人体制初のシングルで真っ白衣装がさわやか!ライブの時のなかまるくんのスニーカーかわいい!PVのグラーデションパンツお見事!!!

シングル曲で歌いだし中丸くんっていうのがすごく嬉しかったのを覚えてます。パブリックイメージとはちょっと違うKAT-TUNだけど、こういうアイドルさわやかソングも歌えるよってことです。

 

 

8:SWEET

おかめちゃんソロ曲。

おかめちゃんが好きそうな曲~って最初から思ってました。

甘くとけるような恋を、なんてKAT-TUN内でおかめちゃん以外に歌える人いない。

 

 

9:LOVE MUSIC

田口くんソロ曲。

田口くんソロ曲の中で一番好き!さわやかじゅんの!前作のWINDとさわやかラインの曲が続いていてカラーや世界観が濃いKAT-TUNのソロ曲をいい意味で中和してくれている。

トリニティ!の素晴らしさを普及し隊、隊長です。(今作った)

 

 

10:MAKE U WET -CHAPTER 2-

こーきソロ曲。

田中聖エロ三部作の2つめ。

久しぶりに聞いたけどKAT-TUNのパブリックイメージの半分はこーきの仕業だったんだろうなと改めて思った。

 

 

11:RABBIT OR WOLF?

おたつさんソロ曲 

グロテスクなメルヘンソング。THE上田竜也ワールド。こんな曲作るのも歌うのもジャニーズならおたつさんだけだろうなと思う。かっこいい。こういうジャンルとかまったく馴染みがなかったけど本当にかっこいい。

 


12:FILM

なかまるくんソロ曲

シンプルなダンスが好き。中丸君のソロ曲って基本的にまとまりがいいというか、壮大に広げるというよりは控え目なイメージなんだけどFILMはそこに色気を足してきているので破壊力が高い。日常を切り取ったような歌詞に完璧になじむ声質が最高。

 

 

13:PROMISE SONG

 アルバムの最後はバラードです。

歌詞が妙にツボだった一曲。ライブのラストを想定しすぎてるのが読めてしまうのがちょっともったいないなぁ、と。

 

 

14:HELLO 

そうだよ!やっぱりKAT-TUNはこうでなくちゃ!と思わせてくれるラスト一曲。

こーきの巻き舌からズンズンと響いてくるイントロに、クラップとかこっち側も混じれる曲構成が嬉しい。ギラギラした感じがやっぱり最高だな!!!

 

 

 

メタリックというよりはベルベッドのような質感に仕上がったと思う。

ロック色が少ないというのもあるだろうけど、全体的にスタイリッシュでまとまりのいいアルバム。ソロ曲がバランスよく、かつバラエティ豊かなのでその点だけでもかなり好きなアルバム。赤西が抜けて5人になって初めてのアルバムでKAT-TUNとしてのカラーが変わったのが明確に分かるけど、これはこれでいいんじゃない?と思わせてくれた。

 

 

NO MORE PAIN

NO MORE PAIN

  • アーティスト: KAT-TUN,田中聖,上田竜也,中丸雄一,亀梨和也,田口淳之介
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD
  • クリック: 32回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

 

 

 

*1:だって彼はセクC担当。中丸くんは秋葉原のオタクから一番仲良くなれそうとの投票の結果からPC担当。雑。