読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダーランド

完全週休3日がいいです。

好きなことだけ。そろそろ恋活始めます。

「YOU DIE!」日本一の愛され社長、ジャニー喜多川名言まとめ

 


日本一の愛され社長、我らがジャニー喜多川様が先日84歳のお誕生日を迎えられました。(まぁまぁ、過ぎてるけど気にしない)

ジャニヲタ達の寿命を1年ずつあげてでも長生きしてほしいヒロムのお誕生日を記念して、ジャニーズのタレントたちから語られるジャニーさんの名言をまとめてみようかと思う。HEY!HEY!HEY!でダウンタウンが欲しがったヒロムエピソードを私もほしいだけである。


もはや神がかりとも言うべき先見の明があり、数々の原石を発見しこの世に送り出してきたヒロムの名言を彼に発見され輝きを増し続けているタレントたちから聞くのは、正直めちゃくちゃおもしろい。そんなお茶目でちょっと天然なジャニー喜多川氏の愛され力を学びつつ、彼の長寿を願ってまとめていきたいと思う。

 

 

 

「YOU DIE!」
中居くんが事あるごとに語っている超有名エピソードの一つ。
光GENJIのコンサートのMCでSMAPがしゃべりすぎて長くなり光GENJIが飛行機に乗り遅れた時のお言葉。シビれる。

 


「吾郎がYOUのマネして不良になったらどうするんだよ!やめてよ!」
「YOUのせいで吾郎が不良になっちゃうよ!」
髪の毛を染めたり、パンクファッションに目覚めた中居、木村の2人に対し言い放ったお言葉。
吾郎さんのロイヤル感、箱入り感…。

 


「YOU!今までどこ行ってたの!最悪だよYOU! 今までそんなことやったのニッキとYOUくらいだよ!!」
仕事でハワイに行った際に泥酔し、プライベートビーチで朝まで寝ていた木村に対して。
ニッキも何をしたんだ…。

 


「YOUたち、なんで2位なんだ」
デビューシングルはランキング1位というジャニーズタレントの伝統を崩したSMAPへ。

 


「YOUが面倒みてよ」
当時9歳の現Hey!Say!JUMPの知念を撮影現場で*1いきなり渡された香取信吾。
いきなり男の子連れてきてこんなこと言われたらただただ、困惑。

 

 

「なにやってんの!楽器でパンツが隠れたら全裸みたいに見えるでしょ!」
アンコールにテンションあがってパン1で登場したTOKIOへのお言葉。とにかく明るい安村なTOKIO。

 

 

「誰が出して良いと言ったの!?」
いわゆるまだ未完成だったころのイノッチが初めて雑誌に出たとき、その出来栄えにご立腹。イノッチいわく『張り切りすぎたら気持ち悪い顔になった』。その後、イノッチは雑誌の仕事しばらく干されてしまう。不憫。

 


「YOUは整形しないの?僕は反対しないよ?」
…イノッチだけ当たりきつくない?

 


「こんな不細工な飼い主でかわいそうだな~」
イノッチの愛犬に対して、語りかけるヒロム…。イノッチだけ当たりきつくない?

 

 

「もしもし、どっち?」
自分で電話かけるのに、どっち?とKinKi Kidsに電話するとこう聞くヒロム。その他にも「だれ?」と聞くのもしょっちゅう。

 


「ブレッド!ブレッド!」
光一さんの愛犬パンちゃんがなぜかヒロムにだけ懐かず、腹いせにブレッド(=パン)と呼ぶヒロム。かわいい。

 


「YOU、その汚い足のっけないで」
剛さんが机に足を乗せてリラックスしているのは何も言わないが、光一さんが乗せると怒るヒロム。愛情のかけ方があまりにも違いすぎて笑う。

 


「頑張るのは誰でもできるんだよ!」
MCで「がんばりまーす」を連呼していた2人にダメ出しをし、それを受けて「しゃちほこの気分でがんばります!」と言ったら*2「さっぱりわかんないよ」と更に起こるヒロム。確かに分からん。

 

 

「なんで電話くれないの?誕生日なのに。」
ニノに自分の誕生日だからと電話を入れるヒロム。なんであえてニノにそういったのか本人にすら分からないらしい。お祝いしてもらいたがるヒロムかわいい。

 

 

「YOUそれマロじゃん!!」
おしゃれの一環で眉毛をものすごく細くした翼くんへの一言。「マロじゃないよ!」と言えば「マロだよ!マロ!!」と言い合ったそうな。言葉のチョイスがかわいいヒロム。

 

 

「英語で言われたから英語じゃないとダメかと思って。」

なぜかタッキーが携帯の留守電応答メッセージを英語に設定していて、英語でぺらぺらと用件を話すが意味がわからなかったタッキーが「なんで英語でしゃべるの?」と聞いた時の返事。素直なヒロムかわいい。そもそもになんで英語で設定してるんだ、タッキー。

 

 

「YOUと、YOUとさぁ、お前!」

まっすーの鉄板ネタ。誰にでもYOUと呼ぶヒロムがお前って呼んだ!とことあるごと話すまっすー。正直中丸君のピーナッツの霊の話ぐらい鉄板。

 

 

「YOUやっぱKAT-TUNじゃないわ」

田口君と当時シンメだった慶ちゃんが一瞬KAT-TUNの面々と活動していた時急に言われた一言。ヒロムの先見の明だけどいきなりこんな電話かかってきたらビビるw

 

 

「YOU、なんで関西人なのに面白くないんだよ」

関ジャニ∞横山が受けたヒロムの理不尽な怒りw

 

 

「いや、YOUは中の上だよ!」
中丸くんがオーディションの時に自分の顔面偏差値を聞かれ「中の下です!」と答えたときのヒロムの返し。中のラインからは抜け出させてもらえない中丸くん心底愛おしいよね!(this is モンペ)

 


「僕だけ聞こえるの!?時限爆弾だー!!」
中丸くんが楽屋でボイパをしていて何の音か分からないヒロムがメンバーに聞くが、メンバーは聞き慣れているためボイパのことを言っていると分からず、何もなってないよと言ったらパニックになるヒロム。

 

 

「YOU不快だよー。」
関ジャニ∞横山くんがジャニーさんを噛んで「ジャニーちゃん」と呼んでしまったがそれがとてもお気に召したようで「YOU、それいいよ!そう呼んでよ!」と言うがヨコは引き気味。そこで村上が「ジャニーちゃん」と呼ぶとこの一言。…村上君には、これ以上に強く生きてほしい。

 

 

「白いの」
ヒロムが機嫌悪い時の横山くんの呼び方。雑。

 

 

「この間2ヶ月の子の写真送られてきてさ、うちは託児所じゃないんだよ!」
と櫻井くんに愚痴るヒロム。さすがに二か月の子を見抜く先見の明はないだろうにw

 

 


「スノーマン、夏になったらどうしようかな。ミスサマーマンにしようかな。」
キスマイ藤ヶ谷くんに相談するヒロム。ちなみにこの時すでに結成からひと夏越えている。ヒロムかわいい。

 

 

「YOUたち、照明が暗いから調整したほうがいいよ」
その時ヒロムはサングラスをかけていた…。

 

 

 

 

 いやはや、本当にヒロムには長生きしてほしいですね!!!

これからもタレントたちにたくさん愛され、そしてその手腕を発揮していただきたい。ヒロムがいればジャニーズはどこまでも安泰だと思う。お誕生日会開いてもらって「こんないい子たちに育ってくれてよかった」って感動するヒロムプライスレス。

ヒロム、長生きしてね!!!!

 

 

 

*1:忍者ハットリくん

*2:名古屋公演にて