ワンダーランド

完全週休3日がいいです。

好きなことだけ。そろそろ恋活始めます。

私の恋愛にはテーマソングがある。

今週のお題「私のテーマソング」

 

今週のお題に乗って。

 

「私のテーマソング。」

私はいわゆる無音状態が苦手だ。なんだかソワソワしてしまう。うるさい音は好きではないが無音だと逆に落ち着かない。音楽でなくてもいい。風が草木を揺らす音、川の流れる音、動物の鳴き声、なんでもいいから音がないと不安になってしまう。
人が作るザワザワとした音も心地いい時とそうじゃない時がある。主に、メンタルのコンディションに左右されるのだがどちらかというとそうじゃない時の方が圧倒的に多い。
だからだいたい私は1人で外にいるときはiPodで音楽を聴いている。ジャニヲタなので、もちろんジャニーズの曲も多いが、J-POP、洋楽、サントラなど割と何でも気に入った物ならば聞く。

そしてテンションもその時聞いている音楽に左右されやすい。バラードなんかだとあまりに感情移入しすぎて疲れることさえある。自分の感受性がある意味バカなんだろうな、と思う。


ここからが本題(前置き長い)
すごい恥ずかしい話を書くけど、私の今までの恋愛にはすべてテーマソングがついている。この恋にはこの曲、あの恋にはあの曲といった感じで。
付き合ったときによく聞いていた曲、別れるときに勝手に自分を重ねて泣いた曲など様々なシチュエーションで私の恋のテーマソングがある。詳しいエピソードまでは書けないけれど、その曲を紹介しようかと。自分の恋愛遍歴をちらっちらと晒すみたいなプレイ。

 


・花言葉 / Mr.Children

君がくれた僕に足りなかったものを 

集めて 並べて 忘れぬよう願う

君のすべて 僕に見せてほしかったのに

コスモスの花言葉は咲かなかった


本当にコスモスの咲く季節に去ってやった恋でした。

 

 

・ボーイフレンド / aiko

これ聞いてテトラポット登る勢いで踊りながら歩いてた。(変態)

 

 

・藍 / スキマスイッチ

来週はいつ会えるんだろう?

こんなことばっかり言ってたし思ってて結局消滅した。(トラウマ)
後日談として、友人として話せるようになった時にその元彼にこの歌聞いてたんだよと言うと電話越しに急に聞き出してなぜか号泣された。こわかった。

 

 

・So in Vain / CHEMISTRY

CHEMISTRYの失恋ソングへの感情移入度が異常に高いです。

 

 

・Possibility duet with 三浦大知/ BoA

明日になれば他人だなんて すべて消えてしまえばいい

これのライブバージョンの映像は鳥肌立った。歌詞もよかった。だいたいひとつの恋愛が終わるとこれ聞いて泣く。

 

 

・やわらかい風 / Mr.Children

君が抱いてた悲しみ 寂しさ もどかしさ
何もしてやれなかったなぁ それが悔しかった

もっと大きな器で もっと優しくて
そういう僕なら 君を救えたろうな

何もしてあげられない、自分を悔いて…初夏…みたいな感じ。(語呂悪いな)

 

 

・恋をしちゃいました! / タンポポ
まさしくうかれポンチ。それ以上でもそれ以下でもないっす。

全然曲のシチュエーションに当てはまらないのに、『恋をしちゃいました!』だけで楽しくなってた。

 

 

 

やっぱ失恋ソング多いな!!!!!
まぁ、恋してうかれポンチな時なんて何聞いても楽しいしハッピーなんでね、やっぱり感傷に浸っている時の方が感情も移入しやすいということなんでしょうね。でもそれぞれに思い出の詰まった曲だからこれからも事あるごとに聞いたりするんだろうなと思う。

 

以上です。