読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダーランド

完全週休3日がいいです。

好きなことだけ。そろそろ恋活始めます。

ジンアカニシに想いを馳せてみる。

いろいろ 音楽

 


もうジャニーズじゃないんだけどね。
特に懐古厨なわけでもないと思うし、いわゆるろくーん派でもないけどやっぱり赤西仁という人がKAT-TUNにいたという事実は暗闇に葬り去られてほしくないなと思ってる。
ごくせんでは隼人派だった。anego黒沢明彦には本当に恋してた。赤西の演じた役で一番好きなのはやっぱり今も昔も変わらず黒沢明彦だ。*1
次点で北川翔(Xmasなんて大嫌い)。


亀梨くんと双子期だった時に少年倶楽部で白い衣装で歌ってた『hesitate』見たときは本当衝撃だった。その当時から中丸担だったはずだけど、ジンアカニシに超恋してた。ほぼリア恋。今でこそKAT-TUNも全体的な歌唱力のレベルもぐっと上がってるけど当時は、赤西が圧倒的に突出していたし赤西ありきの歌が本当に多かった(イメージ)。あ、『hesitate』が読めなくて、ずっと『ヘシタテ』って言ってた。


前も書いていたけど、HEART BEATのジンアカニシの『君のすべて守り抜く この手離すなよ』っていう部分が本当に好きで聞くたびにときめいてる。今でもときめける。ときめけるってなんだ。


中西(中丸&赤西)のO型コンビも好きだったし、少年倶楽部SMAPの「しようよ」を歌う時に田口君におんぶされたジンアカニシというこの世のハッピーを詰め合わせたような2人も好きだったし、仁亀はやっぱり伝説だと思うし。
今となっては絶対に叶わないからこそ想いを馳せてしまうのだろうけども、やっぱりあの時代があってよかったなと心底思う。

 

1回目の留学の時は、若かったのもあるけど結構凹んだ。脱退ってなったときは逆にすっきりして、聞いたのがNMPツアーのために遠征して東京に着いた朝でネットニュース見ながら『今、発表するんだねー。』ってなってた。
事務所辞めるってなった時は、これでもう絶対に絡むこともなくなっちゃうんだなって寂しくなった。


ジンアカニシのTwitter見たら相変わらず自由奔放な感じが伝わってきてとても楽しかったです。この文章の着地点はありません。かたじけない。

 

ジンアカニシにどうしても恋しちゃうHEART BEATはこちらに収録です。(ゴリ推し)

 

Love yourself ~君が嫌いな君が好き~

Love yourself ~君が嫌いな君が好き~

 

 

*1:ドラマ先行だったから原作での扱いがあまりにも違いすぎてちょっと悲しかった