読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダーランド

完全週休3日がいいです。

好きなことだけ。そろそろ恋活始めます。
スポンサーリンク

5年前のアポなしテレフォンレポ(実録)

KAT-TUN
実は、私KAT-TUNメンバーと話したことがあります。
 
とはいっても私は地方民で学生の時は年1回は遠征だのなんだの理由つけて東京に行っていたが夢のジャニーズはおろかその他の芸能人に遭遇したことは1度もなく、芸能人ってのはやっぱりテレビの中にしかいないんだなぁと思っていた。
大阪に行くと芸人はよく見るのにねぇ。
 
あ、関ジャニ安田は大阪で見たことあった。
811(だったかな?)っていうソロ舞台の時、開演前に心斎橋付近をうろうろしてたら全身白のジャージで巨大なヘッドフォンをして前後に揺れながら歩いている人がいて、友達と「大阪まで来たら変な人おるんやなぁ(笑)」って笑ってたら5分後に、あれ?さっきの人安田…?っていう謎なタイムラグを経て気付いたことがあった。(長い)
 
 
とまあ、前置きが長くなったがKAT-TUNメンバーと話したというのは街中で遭遇したのではなくラジオの企画で電話がかかってきたのだ。
かれこれ5年ほどまえの話だけど、話した内容もほとんどきれいに覚えている。
1つ説明しておくと、かかってきたラジオはKAT-TUN STYLEで田口淳之介(王子)と田中聖(当時パルガントン写真が出回って話題でした)がやっている時です。
KAT-TUNが6人時代のお話です。懐古厨ではありませんが、単なる思い出として書きます。自己満です。見て誰かが楽しめるならそれもそれで嬉しいです。
当時は、ブログもなかったしTwitterもそんなにやっていなっかったのでこういう場で発信したことはなかったが、初めて文面に残すことにした。記憶が消える前に。
 
一応、言っておきますが長いです。

 

 
2010年3月18日 13:10。
何の前触れもなく、その電話はかかってきました。
 
高校卒業したてのころで、バイトまで家でごろごろしていた時だった。
非通知でかかってきてて、出てみたらいきなり二人がわちゃわちゃと話す声が聞こえてきてて、わ~、なんかテレビの音聞こえる~何これ~と思っていた私。
後々、調べたら割と普通に会話してたけどな! 
 
アポなし電話っていうコーナーにメールを送っていて、
大学受験の時に、ちょうどBreak The RecordsのDVDが発売されていて受験が終わるまで封印してたのが
無事合格できたのでやっと見ることができました!!みたいな内容のメールだった。
(ちなみに同じ内容のメールをR-ONE KAT-TUNにも送ってました。こっちは不発)
でも、私いまだにこのO.A.聞いてないのでもし音源お持ちの方はご一報ください。
5年も前だからいないと思うけど(大号泣)
 
でも、ラジオレポを詳しく書いてくださってるブログがあったので内容だけは確認してた。聞いてないけど。
もう管理していらっしゃらないブログから一報入れて確認してきましたので、そのO.A分はレポをお借りしています。
 
 

 

聖: じゃあ、今夜俺たちと付き合ってくれるのはこの子!滋賀県にお住まいのラジオッネームちかちゃん!

 

あ、どうもちかです。私、滋賀県に住んでおりますちかと申します。


淳: はいはい。
聖: えっと「この度、大学に合格しました」と
淳: ほぉ~っ
聖: 「前期試験は、全部落ちてしまったんですけど中期試験で合格できました」と。

 

いや、本当に私の大学受験ははらはらでした。実際は中期試験じゃなくて、センター入試利用試験ってやつでセンター試験の成績で合否判定してくれるやつで合格したんだけども

それって大学受験していない人には分かりにくいかな?と思って中期受験って表現にした覚えがある。(無駄な記憶力)

 


聖: 「受験勉強中に封印していた、KAT-TUNのDVDをようやく解禁できます!『Break the Records』も買って未開封で置いていたので観たいと思います。KAT-TUNを目標に頑張りました。 ありがとうございました」と嬉しいですね?
淳: 嬉しいねぇー、うん。

ここから電話がかかります。

私: はい。
聖: もしもしーちかちゃーん?
私: はい。
聖: 田中聖でーす!
淳: 田口淳之介だよぉ!
私: えぇっ?ふふふふふふふ

 

笑いすぎだろ。


淳: ふっふっふっふっ
私: えぇ?!あぁ~びっくりしたぁー!(笑)
聖: KAT-TUNスタイルだよー
私: はいっはいっ(笑)
淳: おぉ~っ
聖: わかる~?
私: はいっ分かります!!
聖: 大学おめでとう!!合格!
淳: おめでとー!
私: あっありがとうございます!ふふふっ

 

いや、だから笑いすぎだろ。

 


聖: DVDやっと見れるんだよね?
私: 見れます!!
淳: 見たっ?
私: 見ました!!

私の返答、あほ丸だしだな。

 

淳 聖: おぉー!
聖: 良かったねぇ、本当に。
淳: 未開封でとっとくなんて結構スゴいね!!

 

田口(王子)に褒められた!!(歓喜)


私: いやっもう机の上で目の前に飾ってて受験が終わったら開ける!開ける!ってずっと思ってて
聖: スゴいねぇ、よく我慢出来たね?

聖にも褒められた!!!!(大勝利)

 

淳: 俺だったらチラッと見ちゃいそうだけどね?
聖: 俺なんか、勉強しながら見ちゃうけどな(笑)
私: ふふふふふふ

 

 

幸せ。(大号泣)

 


淳: ながらで見るの?(笑)

聖:うん(笑)
淳: 大学の合格ー!って見た瞬間どんな感じだった?


私: 落ちてっ落ちまくっての合格で、9時から合格発表だったんですけど、もう8時ぐらいから泣きだしちゃって涙が止まんなくなってしまって…
淳: まだわかんないのに?(笑)
私: もう、何にも決まってないしここで落ちたら浪人かもしれないと思ってたら、不安でずっと泣いてて(笑)

 

前期で願書出した大学が4校あって、そのうちの3校はすでに落ちてて本当に最後の最後で決まった合格だったので、本当に大泣きしました。

発表の瞬間怖すぎて、自分で見れなくてお母さんに見てもらった(笑)


聖: その上での合格っだったら、なお嬉しいだろうね?
淳: 超ー嬉しいよー!!

淳: 1回だけだからねぇ?
聖: もうー、泣けるよな?
私: 大号泣でした(笑)


淳: そのあとの、KAT-TUNのDVDも泣けたっしょ?
   スタッフの笑い声

聖: そのあとのご飯とかうまいだろうなぁ?
淳: うまいだろうなぁ(笑)

私: しばらく放心状態で食べれなっかったんです(笑)
淳: お腹も胸もっいっぱいになっちゃったんだね(笑)
私: はい(笑)
聖: 飯も喉を通らないだろうな、
私: その後ご飯かみしめて、お米ってこんな美味しかったんだっていう(笑)
聖淳: ふっはっはっはっっ

私は、いったい何を言っているのだ…?

なんで、お米が美味しいとかいう話してるねん。なんでお米のおいしさかみしめてるねん。絶対思ったことないやん。絶対思ってへんやん。全然おもしろくないやん。なんやねん!お米おいしいって!!!!!!!おいしいけどさ!!!!!!!!!!

 


淳: でも、良かったねぇ?
私: はい!
淳: まぁでもこれからだからね?ね?
聖: これからがスタートだからな?
私: はい!頑張ります!!
淳: はいっ
聖: じゃー、お約束ということで最後に聞いちゃいますけど、田中聖田口淳之介、 付き合うならっどっちっ?
私: え、えっと聖くんで!

 

 

なんで、聖を選んだのかは後述。

 


淳: うわぁぁぁぁぁぁっ!!!
聖: よーーーーしっ!おっしゃ!戻った~!

このとき私めっちゃにやにやぐふぐふ笑ってたんだろうな。想像に容易いぜ。

 

聖: よかったー! もうね?最近ずーっとじゅんのでさ!5対4まで迫られてたんだよね(笑)
淳: ふはは(笑)


聖: よかったー!ありがとね?
私: いえいえ、良かったです(笑)

淳:じゃぁ、 もうたくさん聖のねー?
聖: 「PIERROT」をー
淳: 「PIERROT」をー
淳: リピートしてもらって(笑)
聖: 「PIERROT」をね?(笑)試験官に、「どけよ、コラ」って言って(笑)
淳: 爆笑

聖: じゃぁ、ありがとね?
C: はい、ありがとうございました!!
聖: うん!おめでとう!
C: はい!ありがとうございます!!
淳 聖: はーい!
淳: またねぇー!!

 

的な感じでO.A.はされていたみたいです。放送時間は3分?ぐらいなのかな。
 
では、なぜ前述の通り付き合うならどっち?で田口淳之介でなく田中聖を選んだのか。
それは放送されていないカットされた部分に答えがあります。
ちなみに、私は帝王中丸雄一くんを担当とし12年になります。中丸以外のメンバーは平等に好きなので、どちらが好きという概念はありません。
 
 
では、そのカットされた部分です。
大学合格のくだりの後にこんな会話がありました。
 
淳: 大学って中期?で受かったんだよね
私: はい!
淳: じゃあ、後期とかもあるの?
私: はい、ありますよ!

淳: じゃあ、聖のファンは後期で受からないとね!

聖: …は?


私: …そうですね(笑)

拝啓、田口淳之介
 
たとえ、聖のことを世界で一番好きだったとしても、受験は早く終わらせたいです。後期試験までできれば残りたくないです。  敬具
 
 
聖: どこの大学なの?
私: 京都にある大学です
 淳: 住んでるのは滋賀なんだよね?
私: はい、そうです。
淳: 琵琶湖だよね?琵琶湖だよね?
 
私: あ、はい、そうですそうです(引き気味)
淳: 通うの?
聖: どれぐらいかかるの?
私: 1時間半ぐらいです
聖: じゃあ俺よりは近いんだ
淳: え、そうなの?
聖: 俺、2時間ぐらいかかるもん。
 
そういえば聖、大学生だった時一瞬あったよね。中退したけど。←

聖: 大学で何勉強するのー?
私: 英米学科なんで英語です

聖: えっ?
私: 英米学科なんで英語です。(え、何かおかしい…?)

聖: …ん?
私: …あ、えっと英語です。
聖: あー!英語ね!!英語っ!
私: はい!(…通じた!!!)
淳: じゃあ、英語話せるんだよね?
私: えっ?いや…
淳: Where are you from?
私: えっ、あの、その…
(いや、それぐらい分かるけどもむちゃぶりすぎるだろ、田口よ。反応に困るだろ。英米学科に行くからってすでに英語話せるってことじゃないんだよ、田口よ。今から学びに行くんだよ、田口。そんなむちゃぶりするんなら○峰のこと聞くぞ、困るだろ、な、田口?)って本気で思いながら聞いてた。
当時は、田口さんが同棲という報道が出ていて相当荒れていましたね…(遠い目)

聖: いやいやいや、なっ、うん。ん?(困惑)
淳: What's going on?!
 
私: ははは、いや、えっいや、あの、え?(困惑)

聖: お前、英語の歌詞並べてるだけだろ
淳: バレたー?へへへー(天使)
聖: ばかなの丸出しだろ!ごめんねー、ちかちゃん、本当に(笑)
 
 
この聖の声、今でも再生できるよ………!!!(涙目)

私: 大丈夫です、こちらこそごめんなさい(笑)
 
 
 
みたいな会話があったわけですよ。
 
このあたり、田口のいわゆるウザ可愛さが炸裂してたんだけど実際やられると本当に反応に困るぐらいウザかった
ということで田口ではなく聖を選んだのでした。
 
 
 
最近は、まともにラジオも聴けていませんが、久しぶりにメールでも送ってみようかと思います。